FC2ブログ

水道民営化が現実になる 

マスコミは、ゴーン逮捕騒ぎ一色。

その間に、政府与党は、水道民営化法案を国会通過させようとしている。

衆議院では、実質8時間の審議しか行っていないのに、この法案を通した。これほど重要な法案なのに、素通りに近い。

こちら。

このブログでも何度も取り上げた問題だが、水道民営化が行われると、水道料金高騰とサービス低下は必至。

世界は、「再公営化」の動きが顕著なのに、わが国は周回遅れ。

万博やオリンピックよりも、生活に欠かせぬ水の安定した供給は国民にとって絶対必要なのだが、政府は水道民営化をやみくもに推進している。

これも、外国人労働者によって政官業が甘い汁を吸っているのと同じ構図があるのかもしれない。搾取されるのは、国民自身というところが違うが・・・。公的医療機関も同じようにPFIというスキームで民営化されたことがある。高知県のそうした医療機関で腐敗が起きた。繰り返し述べている通り、麻生財務大臣の親戚は、ボエリアの社員。政治家が利権を漁ろうとしている可能性が高い。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6928-82760b3b