FC2ブログ

加計学園の詐欺的行為 

これは序の口。

100億円の公的助成金を得るために、「首相と面会した(それで計画への賛同を得ている)」という嘘を加計学園の事務長が地方自治体側についた。それは詐欺そのもの。会って首相から支援の約束を貰っているのだったら、それは首相の責任が直接問われることになる。いずれにせよ、この案件はうやむやにしてはいけない。

こうして得た助成金が、幹部や関連企業に回っている。学生のためになっていない。

もっと大規模な詐欺で加計学園理事長を訴追すべきだ。

加計学園疑惑は終わっていない。

以下、引用~~~

加計理事長の告発状提出 市民団体、詐欺容疑で

2018年12月05日 11時51分 毎日新聞

加計理事長の告発状提出 市民団体、詐欺容疑で

 加計学園が愛媛県今治市に新設した岡山理科大獣医学部が市に図書費を水増し請求した疑いがあるとして、市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」が5日、学園の加計孝太郎理事長について詐欺容疑で松山地検に告発状を提出した。地検は受理するか検討する。

 告発状などによると、学園は文部科学省へ提出した資料に図書費として9928万円と記載。市に2分の1の補助金を請求し、全額の支払いを受けた。しかし、団体が独自に図書館の本を調査して推計したところ、図書費は3823万円に過ぎず、差額6105万円の2分の1に当たる補助金3052万5000円を市から詐取したとしている。

 提出後に記者会見した同会の武田宙大(ちゅうだい)・共同代表は「関係がない文系の本や、時間がたって使い物にならない試験のテキストもあった。今治市は精査もせずにお金を出している」と憤った。

 考える会は同日、文科省に図書館を実地調査するよう求める要望書を提出する。【木島諒子】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6976-a706ed27