FC2ブログ

日銀、GPIFが株式市場でどれほどの損失を被っているか 

日銀は、ETFによって、株式市場に25兆円ほど投資をしている。GPIFも年金資金の半分程度まで株式市場に投資できることにされた。

現在、株式市場は乱高下を繰り返している。ヘッジファンドは、高度に自動化された投資システムを駆使し、きわめて短時間に売買を行う。こうした乱高下の相場では、彼らが莫大な利益を上げている。その一方、日銀やGPIFのような巨大な機関投資家は、小回りが利かず、投資で損失を出し続ける。

日銀のETF、GPIFの投資が、「官製相場」を作り上げてきた。まるで中国の株式市場のようだ、という下記の記事におけるヘッジファンドの人物の言葉は、本当だ。「アベノミクス」とは、砂上の楼閣だったのだ。現在世界的な景気循環の悪化局面で、この機関投資家がどのような影響を受けるか、注目する必要がある。これらの組織の投資行動とその結果は、我々の生活に直結する。砂上の楼閣は、崩れ去る。

以下、引用~~~

日経 豊島逸男氏の記事

ヘッジファンドの友人たちに招かれて、日本株のレクチャーをするときも、必ず出る質問が「日銀は買った株をいかに処理するのか。塩漬けか」。筆者は「分からない」と肩をすくめ、「ミスタークロダ(黒田日銀総裁)も分からないのでは」と答えている。日本株について下調べして来ている参加者は「日銀のETF買いで、日経平均は4000円ほど上積みされているはず」と語る。「午前中に日経平均が下がると、午後2時ごろ、日銀が買いに入ることが多い」と説明すると「それでは上海市場の『国家隊(中国政府系資金の買い支え)』と同じようなもの」とのつぶやきも聞こえる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7015-a339c7b8