FC2ブログ

財務省、診療報酬削減を明言 

財務省は、医師の給与は依然高く、業務の合理化余地はあるとして、診療報酬をさらに削減する方針であるという。

医師、特に開業医の給与(収入)が「高い」というキャンペーンを張って、その直後に、この方針の発表である。医師給与が高いという、根拠は、医療法人の理事長である医師の収入をもって言っている。比較的収入の高い群の医師だけを抜き出して持ってきている。長期間の教育トレーニングを必要とする技術専門職で、経営リスクを負って経営する人間との比較をしているならまだしも、それすらしていない。また、先進国の医師との国際比較もしていない。これほどあからさまで意図的な情報操作はない。これもすべて、今回の方針を社会に受け入れさせる地ならしというわけだ。

厚生労働省は、診療報酬の改訂(抑制)を勤務医の待遇改善になるように行うと言っているが、これは、財務省のこの発言からすると、「取ってつけた」言い訳にしか過ぎないことが分かる。財務省は、勤務医の待遇改善など眼中にない。ただただ、医療費削減のために診療報酬を下げる、ということだけだ。

なぜこれほどまでに、官僚は医療費を削減しようとするのだろうか。既に、記したこともあるが、一つには、国庫からの社会保障医療への支出を何としても削減したいというきわめて明確な目的がある。しかし、この削減が、どのような社会状況をもたらすのかについて検討している様子がみられない。

さらに、進んで、官僚は、国民皆保険制度を破壊することを目論んでいるように思える。これによって、高齢者の健康状態は、悪化し、年金受給者も減ることが予測される。医療給付・年金給付ともに減らすことができるのは、官僚にとって二重で歓迎すべきことなのだ。

現在の医療制度が崩壊すると、医療は自助努力で受ける社会となる。福田首相の言う、共生はお題目だけ。社会の中で自立することが求められる。公的な医療制度がなくなると、そこには民間の大きな市場が生まれる。米国系の巨大保険資本が、この数年来日本で宣伝をしまくっているのは、それを見越してのことなのだ。民間保険は必ず利益を上げる必要がある。従って、公的保険に比べると、きわめて割高になる。特に、持てぬ層にとって、そうなることだろう。米国のグローバリズムの浸透によって、格差はさらに広がり、そこにこの医療での格差社会の到来だ。

既に何度も記してきたことだ・・・何か無力感に襲われる。しかし、何度でも記しておこう。医師としての遺言みたいなものだ。果たしてこれで良いのか・・・我々一人一人が動かなければ、何も変わらない。

以下、引用~~~

10月31日3時0分配信 時事通信

 財務省は30日、2008年度の予算編成で、医師の給与などとして医療機関に支払う診療報酬を削減する方針を固めた。医療機関側は厳しい現場の実態を挙げて増額を求めているが、同省は「医師の給与は依然高く、業務の合理化余地はある」と判断した。

コメント

解散ですよ!解散!
総選挙ですよ!!!いかに、財源を無駄遣いしているのか、こちらの方が大問題。なにが医療財源の削減か!!

少し、私として理性を欠きました。

医療従事者さん

そうですね。結局は、政治を動かして行くしかないのですが、現在の自民党は言語道断としても、民主党にもあまり期待できないような気がしてきました。国会中継で、テロ特措法延長問題の議論を少し見ていましたが、結局、連中も馴れ合いではないでしょうか。

いや、それでも政治を動かすことを諦めてはいけないと思うのですが・・・。

勤務医開業つれづれ日記の中間管理職さんの、医療堕落論(QWさんのブログ経由で読ませてもらいました)が、我々の考え、心境を的確に表しているように思います。まだお読みでなければ、是非ご一読を。

http://ameblo.jp/med/entry-10050058240.html

結局は、世界に誇れた医療体制の終焉を、私達は目の辺りにしているということなのかもしれません。

来年の診療報酬改悪を前にして、いつもの印象操作でしょうが、今回のは更に露骨ですね。
診療報酬のまくら言葉に「医師の給与などとして支払われる」という文言を見たのはさすがに今回が初めてです。

つい先日も、医療法人院長給与と病院勤務医の給料を比較して開業医は儲けすぎだというキャンペーンをやっていましたが、大企業の社員と中小企業の社長の給料を比べて何か意味があるんでしょうかね。大手ホテルの雇われ料理人と中小レストランオーナーの給料を比べて高い低いを論じるなど全くナンセンスです。官僚の好きな国際比較でも是非やってもらいたいものです。

今年は平成19年です。昭和19年には悪名高い特別攻撃作戦が開始されました。先日も小児科医を夜間救急という名の特攻に「自発的」に志願させておいて志願者が少ないなどとの新聞記事がありました。昭和の敗戦への年表と平成の医療崩壊へのカウントダウンが見事にオーバーラップしています。医療における敗戦とは財界の目指す医療保険制度の破壊なのでしょう。

半年前までは毒気をもって色んな先生方のブログにコメントしておりましたが既にあきらめました。世界に誇れた日本のすばらしかった医療体制が崩れていくのをつぶさに見守って生き証人になりたいと思います。

閑話休題:
貴ブログに触発されて9月下旬から20数年ぶりにHAMを再開しました。先月13日にハイモンドの電鍵HK-808を購入しCWもはじめました。今までCWは食わず嫌いでしたが、やってみると面白くてはまっております。昨日は先月分のQSLカードを220枚JARLに送りました。CWだけでも180枚で、その内海外宛が25枚でした。CQ出版社の「モールス通信」も大変参考になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

ハーフドロッポさん

ネットのブログで思いついたことを書き散らかしても、煽っても、当然のことながら、何も変わらないなぁと感じていますが、それでも先生のように、同じ感慨と感想をもって仕事をしている方の存在を知ることが出来るのは嬉しいことです。

座位さん達が立ち上げようとしている、医師連盟にも参加してみようかと思っているところです。

この大きな時代の潮流には、なかなか抗することはできませんが、証言し、また変化を見届け、それを記録することは意味があるのかもしれません。中間管理職さんの「医療堕落論」は、その点で優れた記録なのではないかと思っています。

結局のところ、アメリカのグローバリズム・市場原理主義にどのように対応するかという問題(この問題は、様々な形にパラフレーズできるのでしょうが)に帰着するのではないかと思います。政治家・官僚はおろかマスコミも、この流れに流されてしまっていて、現状ではいかんともしがたいという状況なのでしょう。

これから医療を担う若い先生方は、本当に苦労なさることだと思います。

無線を再開された、それも時代錯誤の(笑)CWで再開されたとのこと、楽しみですね。どこかお空でお目にかかりましたら、何方か分かるようにidentifyなさって下さい。お会いするのを楽しみにしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/702-a0043766