FC2ブログ

空母は、自衛隊の海外での米軍指揮下軍事行動のため 

三度の日米安保ガイドライン改定により、自衛隊の守備範囲は徐々に拡大されてきた。2015年の改定では、実際上世界のどこにでも自衛隊を派遣するとなった。さらに、日米調整メカニズムという、米軍・自衛隊の合同統合本部の運用が、「平時から」行われることになった。集団的自衛権の容認を行った安保法制と併せて、自衛隊を米軍の世界戦略の一環として差し出す体制が整ったわけだ。

「専守防衛」には不要かつ国の危険を増す航空母艦という軍備は、そうした自衛隊の米軍との協働、端的に言えば、米軍への隷属のために必要な軍艦なのだ。

ここで防衛相の言う「緊急時」には、米軍の戦闘が当然含まれる。集団的自衛権を行使して、米軍と指揮下で戦闘行為に自衛隊員をつかせる、ということになる。

事故の際に救助をするためという説明は、集団的自衛権の行使の説明に際し他国で有事となった時に、邦人を助ける米軍を援助するため、というあり得ない状況を描いた安倍首相の詭弁を思い起こさせる。

安倍首相、防衛相は、ちゃんと説明すべきだろう。この空母は、米軍指揮下で自衛隊を海外で戦闘に参加させるための軍艦である、ということを。国民は、いつまでも彼らの詭弁に付き合っている必要はない。現政権は、今年盛んに繰り返された、意味のないミサイル攻撃からの避難訓練という「国民教化運動」で明らかなように、戦争を引き起こす、戦争に加担することを目指している。

以下、引用~~~

米軍機、発着あり得る=いずも改修艦、訓練や緊急時-防衛大綱・中期防で岩屋防衛相
2018年12月18日15時02分

 岩屋毅防衛相は18日の記者会見で、新防衛大綱と中期防衛力整備計画に海上自衛隊「いずも」型護衛艦を改修して事実上の航空母艦(空母)とする方針が盛り込まれたことに関して、米軍との共同訓練時や事故などの緊急時に、米軍機がいずも改修艦を発着する可能性があるとの見通しを示した。

 岩屋氏は「米軍機が事故で緊急着陸する基地が周辺にない、そこにいずも型護衛艦がある場合、当然救助のため緊急着艦を認めることはある」と説明。また「共同訓練の際にもあり得る」と語った。(2018/12/18-15:02)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7045-8dffbe5b