FC2ブログ

目が当てられぬ国家財政 

安倍政権による国家財政規律の低下、日銀の政治従属が止まらない。

安倍第二政権になってから、金融緩和された額は、400兆円を超えた。日銀の株買い支えは20兆円を超えた。
金融緩和の金額を国民一人当たりに単純に当てはめると、400万円弱になる。日銀は、マネタイゼーションを行っていることになる。その中央銀行機能が冒され、いざというときに資金を市場に投入することは、もはやできない。

GPIFは今年第二四半期の時点で、年金資金160兆円の25%を超える額、即ち40兆円以上を株式投資に回している。このところの株価下落で、さらに積み増しているに違いない。

このところ、株式市場は暴落状態。海外勢の売り越しは今年5兆円を超え、過去の経済危機時と同じかそれを超えるレベル。日銀・GPIFその他の公的資金がどれだけ毀損されたか、戦慄を覚える。

この政権、政権に奉仕する日銀・GPIFの財政政策は、国民のためではない。政権の維持と、大企業の利潤のためだけ、だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7051-738488ca