FC2ブログ

頌春 

頌春

私は、根性が曲がっているせいか 笑、世の中がお目出度いと湧きかえっている時には、むしろ気持ちは低迷し目の前の困難を意識する。

世界的にみて、世界各国が積み重ねてきた量的金融緩和は極端に積み上げられ、そのバブルが破裂しかかっているように見える。これが破たんしたら、金融の信用システムが大きく毀損されることになる。また、グローバリズムへの反動なのだろうか、ナショナリズムの形をとったポピュリズムが世界各国で横行している。米中の覇権争いはますます深刻になり、ツキヂデスの罠が生じるのではないかと危惧されている。中東の戦禍、避難民増加は止むことがない。

国内では、虚偽と改ざんにより、統治機構が破壊された。没知性の安倍晋三という一人の人間がこの国を誤った方向に導こうとしている。彼は、戦前の統治機構の中心に自らを置きたいのだ。対米従属は、さらに強まり、自衛隊は米軍の手足になって海外での戦闘に加わる。沖縄や、福島、その他自然災害で被害を被った人々の苦難は続く。

こうしたなかで、どうしたら新年を喜べるのか、というのが率直な気持ちだ。

3,4年前だったろうか、米国のSimonという名の方、まったく未知の方から、facebookで「友達リクエスト」が来た。未知の方のリクエストはpendingにしておくことが多いのだが、どのように考えたのか、その方針に反して、それを承諾した。やがて、2,3か月したころ、彼のお子さんから、彼が逝去なさったことが報告された。

そのすぐ後に、美しく紅葉する銀杏の木に寄せて、燃え上がるように最後の輝きを見せて、次の世代のために静かに死んでゆく美しさについてfacebookに記した。すると、KB6VSE Steveがそれへの返信に、まるで亡くなったSimonが、そのような人物だったと書いてよこした。SteveとSimonは、カリフォルニアの森林警備員として同僚だったのだ。Simonの逝去の報告に、多くの方が心情溢れる追悼の辞をコメントとして残していた。どれもが彼を心底悼む気持ちに溢れていた。

先月だったか、facebookの彼のアカウントがまだ開いていたことを知った。後で、そこに記録されていることを読もうと思っていた。だが、先日もう一度見てみると、彼のアカウントが無くなっていた。逝去した者のアカウントになって別なところにうつされたのか・・・。もっと早く見ておくべきだったと後悔した。

この一年、亡くなったSimonのように皆に思われるように、または思われなくても、周囲の方々、そしてこの国の未来のために、知られるれることでなくても何事か、できることを続けて行きたいと念願している。今年は70歳台の大台に乗る。できることは限られているが、その努力を続けたい。

新年早々、あまり目出度い話ではないが、これが私の現在の心境だ。

この一年が皆様にとり健康に恵まれ、幸い多い年になりますように。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7078-8254892a