FC2ブログ

Don WB6BEE 人生は旅路 

昨夜遅く、7メガでDon WB6BEEが呼んでくれた。彼は、コールをする頭に、BTとかVとかを打つ。そのキーイングで、彼がIDを打たなくても、彼であることが分かる。少し角張ったバグキーのキーイング。彼にそれを言ったら、次は、私のコールのあとにDE VVVと打ってみようかと言って笑った。個々のバグキーの癖・特徴というよりも、やはり送り手の送信の特徴なのだろう。いわば、声の質にも似ている。こんな単純なコミュニケーション手段なのに、各人を特徴づけるものがあることに改めて驚く。

彼の奥様は、不動産取引を仕事にしている。この週末も、二件引き合いがあり、open houseをするということだった。しかし、昨年体調を壊してからは、少し仕事量を減らすことも考えているらしい。60歳代に乗ったのだし、それは穏当な判断だろうと思った。

どういう話の続きだったか・・・私が、太平洋岸の見晴らしの良いところに移住したいとかねがね考えていたが、年齢と、現在住んでいる土地、家内の仕事のことを考えると少し難しいかとも思っている、と話した。すると、彼自身、そう遠くない将来、アリゾナかヴァージニアに移り住むことを考えているとのこと。気候が温暖で(アリゾナは暑いわけだが)、住みやすそうな場所に移住したいのだ、とのことだ。ヴァージニアは、奥様が生まれ育った場所で、是非老後はそちらで暮らしたいと言っている由。彼は、どこでも良いのだが、HOAによるアンテナ規制のないところが良いなとあくまで無線中心。

カリフォルニアからコロラドに移住した彼の決断は、良かったではないかと昔の話を振った。すると、本当はカリフォルニアでの仕事を続けたかったのだ、と彼は言う。彼は、米を輸出・売買をする企業の責任者を任されていたのだが、その企業が売却され、買主に企業運営のノウハウを3年間教えて、できればその後も契約を継続してもらいたかったのだが、そうはならなかった。不本意ながら、カリフォルニアからコロラドに移住したのだ、とのこと。長く経験を積んだその業界であれば、自分で事業を起こしたら良かったのではと尋ねた。だが、起業には億円単位の資金が必要で、当時の彼には無理だったとのこと。コロラドの現在地に移り住んだのが、57歳の時。それから14年が経ったわけだ。

でも、コロラドに移ってから、無線を思い出し、再開した。それで、私に会うことができたのだから、悪いことばかりではなかった、と彼が言った。本心かどうか分からないが 笑、人生は旅路なのだと改めて思った。旅のときどきで出会う人がいる。そうした出会いを大切にして行きたいものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7167-d20637c2