FC2ブログ

北方領土返還を求めるタスキもシュプレヒコールも中止! 

北方領土返還を求めるタスキも、シュプレヒコールも使わない、と決まった。

一方で、当の交渉に当たっている安倍首相は、国会で日露戦争の戦意高揚をねらった明治天皇の和歌を披露している。文脈が違うといっても、この時期に使うか、と首を捻らざるをえない。

あの和歌は、きっと官僚が準備したのだろうが、対ロシア交渉に影響がでることを考えなかったのか。または、考えた上で用いたのか。このニュースの内容からすると、恐らく、前者。本当に頭がワルイ。

安倍首相は、プーチン首相と25回会談し、多額の経済援助を約束した挙句、北方領土の要求を取り下げた。どこが外交の安倍なのだろうか。

以下、引用~~~

読売新聞より引用~~~

北方領土の日、「島を返せ」たすきの使用中止
2019年01月30日 20時53分

 北海道根室市は2月7日に開催する「『北方領土の日』根室管内住民大会」で、例年、参加者が着用している「島を返せ」と書いたたすきの使用を取りやめることを決めた。はちまきも「返せ!北方領土」から「平和条約の早期締結を」などに変更する。今月22日の日露首脳会談で、両国が平和条約締結交渉を加速させることを確認した。これを受け、地元として交渉の行方に期待する姿勢を示したものだ。

 同市の石垣雅敏市長が29日、定例記者会見で明らかにした。ただし、これらの変更が決まっているのは今回のみで、来年については未定としている。

 大会は、同市など根室地方1市4町で構成する「北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(北隣協)」が主催している。

 北隣協は、昨年12月1日に東京都内で実施した「北方領土返還要求中央アピール行動」でも、シュプレヒコールで従来の「北方領土を返せ」という表現を取りやめた。

 こちらも、今後の日露平和条約締結と領土交渉に関する動きを地元として見守る意図からとしている。

 今回の「『北方領土の日』根室管内住民大会」は、「根室管内の住民が一堂に会し、北方領土問題の早期解決に対する思いの表明」を主たるテーマに掲げ、1000人の参加者を目指している。

 弁論大会には昨年、安倍首相を表敬訪問し領土問題解決を訴えた中学生も登場する予定となっている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7217-ecc84c5e