FC2ブログ

バブルの酔いから醒めるとき 

国民は、「アベノミクス」という金融緩和によるバブル政策にまだ酔いしれているように思える。毎日放映されるTV番組の多くは、芸能・スポーツ・スキャンダルばかり。宴会の出し物のようなお笑いが延々と続く。この醜悪極まる安倍政権の支持率がまだ4割を超えているという。

一方、わが国の将来には暗雲が立ち込めている。日銀が破たんするか、信認を失うリスクがどんどん大きくなっている。国債が売りさばけなくなる、借り換えができなくなるかどうかの瀬戸際にある。国家財政が破たんするかどうかということだ。さらに、国の貿易収支の面で破たんする可能性もある。

こうした事態に対応する論陣を張っているエコノミスト、経済学者は少ない。この問題に見識を持つ金子勝教授が、現状分析そして将来への展望(これ自体が厳しい道だが・・・)を語っている。必読の論考である。

こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7294-24c455af