FC2ブログ

入管の人権無視 

昨年、ハワイ在住の日系米国人Rob Kajiwara氏が、ホワイトハウスへのpetitionを始めた。辺野古への土砂投棄を、沖縄県民投票の結果が出るまで延期してほしいという、控えめな要望の請願だった。期限内に、必要数の二倍を超す20万筆以上の署名が集まり、米国政府に提出された。その結果、米国政府は、対応を検討している。

そのKajiwara氏が、わが国の関係者から招待され、昨日関空経由で来日することになっていた。だが、関空の入管事務所に2時間近く拘束され、来日の目的等をしつこく尋問されたらしい。照屋衆議院議員の働きかけでようやく釈放された、と言われている。

彼を招待したグループは、辺野古基地建設反対の意思を示しているグループだったようだ。だが、入国時に彼がわが国で行う行動を、入管は事前に詳細に掴んでいた気配がある。辺野古基地建設反対運動を抑圧する目的で、彼を拘束した可能性が高い。どのような意図があろうとも、犯罪でもテロリズムでもない理由で拘束されることは、民主主義法治国家ではあってはならないことだ。

入管は、トランプ大統領のような米国高官が横田基地から入管事務所を経ずに自由に入出国するのを放置する一方で、政権に批判的な人物の入出国をこうやって邪魔をしている。これでは、入管・その背後の政府は、中国や、北朝鮮の人権無視を到底批判できない。

この人権を否定する政府の行動は、国民にも向けられる。

以下、Rob Kajiwaraのtweet~~~

@robkajiwara

I was detained for 110 minutes while trying to enter Japan. Immigration took me to a separate room and interrogated me, asking me a bunch of questions about Henoko.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7304-21755624