FC2ブログ

アベノミクスを粉飾し、財政破綻の傷口を拡大、悪化させる 

首相秘書官が、自分の考えだけで、このような提案を他省庁にするとは到底考えられない。

皆、分かっているのだ・・・首相が、「アベノミクス」の結果を粉飾するために、統計処理の不正を行うように指示したこと、を。

だが、首相周囲も、行政も、与党も、さらには国民までが、「茹でガエル」になっている。安倍首相が失脚したら、何か不安が実現するのではないか、と。安倍首相が首相の座に居続けるかどうかにかかわらず、不安は現実になる。財政破綻は刻々と近づいている。安倍首相が居ると、その破綻による深刻な事態が、より早く実現し、さらにより深刻になるということなのだろう。

財政的に傾いた会社が、無能な経営者のもと、粉飾決算に走った、というのと同じだ。粉飾決算の規模が拡大し、長引くほどに、会社の被る被害は大きくなる。

アベノミクスバブルが、財政破綻を招き入れる。

以下、引用~~~

中江元秘書官、調査変更を提案 勤労統計、対象部分入れ替え

2019年2月21日 12時48分

 毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法を巡り、厚生労働省の藤沢勝博政策統括官は21日の衆院予算委員会で、中江元哉・元首相秘書官(現財務省関税局長)が2015年9月14日に厚労省の姉崎猛統計情報部長(当時)に「部分入れ替えという考えもあるのではないか」と提案していたことを明らかにした。野党は「圧力だ」と追及。姉崎氏は中江氏の意向が働いたとの指摘を否定しているという。

 藤沢氏は姉崎氏から聞き取った内容を答えた。

 答弁によると、中江氏は15年9月14日に姉崎氏らから調査方法見直しに関する有識者検討会の状況の説明を受けた際に発言した。

(共同)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7309-69cede81