FC2ブログ

辺野古新基地建設は、やはり利権の巣窟 

やはり辺野古新基地建設には、与党、ゆ党の政治家が利権を求めて関わっているということだ。さらに、基地建設業者の8割に防衛省からの天下りが入り込んでいるという。下地幹夫議員の企業には、年65億円、国場幸之助議員の企業には年109億円の仕事が割り振られている・・・おそらく、これは表に出ている利権構造の本の一端なのだろう。

総額2.5兆円とも言われ、下手をすると永続的に工事をし続ける、第二の「もんじゅ」になるかもしれないこの案件は、そうした利権に群がる政官の人間にとっては、おいしすぎる事業なのだ。

大袈裟太郎氏のtweet、こちら。

この一方で、国民への社会保障は毎年6000億円減額されている。社会保障に充てられるはずの予算が、こうした底の抜けたような利権の巣窟の公共事業に回される。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7356-958c5635