FC2ブログ

安倍政権を倒すために 

安倍首相が、あれだけの改ざん・隠蔽・虚偽をばら撒きながら、それでも首相の座に居座るのは、それを許す与党の倫理を欠く没知性が理由だ。昔のように党内派閥があれば、派閥抗争のなかで、こうした怪物的な存在は自然と淘汰された。派閥を懐かしむのではないが、政党といえども、というか政党だからこそ、内部で改革の動きが出てきて良いはずなのだが、その動きが乏しい。

あとになって、本当は安倍政治には反対だったと言い訳する議員の姿が目に見えるようだ。

この統一地方選では、まず与党議員を落選させることだ。それによって、中央の政界にも動きが出てくる。こうした政治を許さないという決意で、野党が団結すること、そして安倍政権を倒した後に、同じような異形の政権が再び生まれぬように制度設計をし直すことだ。野党に絶望していては、安倍政権を存続させようとする勢力に手を貸すことになる。

前川喜平氏のこの言葉は、含蓄がある。

「野党がバラバラなのには意味があります。自分の頭で考えられる人は無意味に固まらないのです。それぞれの意見を大切にしますから。今の与党は考えない人ばかりだから簡単に固まり団結します。それをファシズムと言います」

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7447-db3b1a3a