FC2ブログ

あるラジオ番組が終了になった 

また貴重なラジオ番組が姿を消した。TBSラジオが、月曜から金曜日まで流していた、「荒川強啓 デイキャッチ」である。

時事問題を正面から取り上げ、様々なコメンテーターが自由に発言する番組だった。24年間の歴史を持つ。

この番組は、視聴率が高く、TBSラジオの高視聴率を支えていたという。だが、『「新しい元号」になるのに合わせて、番組を改変する』という理由にならぬ理由で、TBSはこの番組を終了させた。それに対して、理由を問う声や、批判が起きているらしい。

終了の経緯は、こちら。

この番組を終わらせたのは、政権批判のスタンスを取っていたためなのだろうか。電通からの働きかけがあったのか。視聴率という民間ラジオ局にとっては最も重視すべき数値を稼いでいた番組を止める理由は何だったのだろうか。「新しい元号」になるから、ということでは納得できない。

後継の新しい番組は「情報エンターテインメント」だそうで、若手の音楽家、脚本家、小説家等をMCに据えている。2日間、少しだけ聴いたが、ゆるい話題を仲間内で盛り上げるような番組作りである。デイキャッチの路線を完全に払しょくしようとしていることは分かった。

この番組変更の理由としては、デイキャッチが度々批判してきた政権の意向か、それを先取りしてのことか、それしか考えられない。

新しい番組では、「カップ焼きそばのかやくを違うメーカーのものと入れ替える」といったことを面白おかしく報じている。

TBSラジオは大きなものを失った。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7492-10376feb