FC2ブログ

統一地方選前半戦 

統一地方選前半戦が終わった。

大阪府議選で何もバックになく無所属で立候補なさった、大石あきこ氏は残念ながら落選。彼女は、大阪府職員として、橋本府政の始まるときに、橋本府知事のパワーハラスメントに対して、敢然と否を言い放った人物である。彼女の立候補の弁、こちら、を読んでほろりとさせられた口である。これからも挑戦を続けるらしいので、注目し応援を続けたい。

全体の解析は、後で出てくると思うが、やはり政権与党の組織がフルに動いた印象がある。北海道知事選挙では、与党候補が勝った。あの候補は、JR、原発それにカジノ等に関する政策を明らかにせず、颯爽とした若さと中央政界へのパイプだけを強調した勝ったことが明らかである。出口調査では、投票理由の一番は政策だとあったが、本当にそうなのだろうか。フワッとした印象と、組織とが選挙行動を決めたのではないのか。北海道は、過疎化が進み、酪農・農業ではFTAの手ひどい洗礼を受けることになる。与党に連なるということだけで、乗り切ることは難しいのではないだろうか。

また、与党候補への投票が多かった世代は20、30歳台だという。彼らが野党陣営の真面目な政策に見向きをしないのか、なぜ破たんしかかっている与党陣営の候補に投票したのか、徹底して検討する必要がある。その世代が、現在の滅茶苦茶な政治の尻ぬぐいをさせられることになる世代なのだ。こうした投票行動に、ポピュリズム政治の臭いが漂う。

しかし、悲観的になることはない。神奈川県議会では立憲民主党が躍進した。さらに、全国的に共産党候補が予想されない勝利を得ている。全国的に、与党へ全面的に任せることのリスクの意識も浸透してきている。大阪のダブル選挙で自公候補が敗れたのは、野党との野合ではないかという批判によるものとの見方もあるが、自公の政策に期待できない、維新の「改革」の訴えが受け入れられたということだったのではないだろうか・・・維新へ期待することは間違いであることは明らかなのだが・・・。他でも、保守分裂選挙で、政権側が推した候補が福岡、島根等で敗れている。現政権への批判の芽は出てきている。

何しろ、現在の与党では、この国は立ち行かない。すでに、どうランディングをするかという問題になってきてしまっている。この与党政権では、国民にとってもっとも激烈なハードランディングになる可能性が高い。そうさせぬために、野党陣営はまず与党政権を倒すことで結集してもらいたい。参議院選挙までもう時間が限られている。現在、世界経済の退潮とともに、わが国の経済・財政もきわめて厳しい状態になりつつある。それを乗り越えるためにも、与党を倒すこと、論理と事実の通じる政治を取り戻すことを野党陣営に求めたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7514-e7898893