FC2ブログ

ローマ市 オリンピック開催立候補取りやめ 

ローマ市は、2024年のオリンピック開催への立候補を取りやめた。1960年に開催されたローマオリンピックの負債を今も返し続けているため、という。財政負担をこれ以上増やさないという賢明な選択だ。オリンピックが、利権の巣窟になっていることを批判していることになる。

1972年に開催された札幌オリンピックの負債を、北海道は45年かけてようやく返し終わった。1992年の長野オリンピックによる長野県の負債は、今も返し続けている。

こちら。

2020年の東京オリンピック予算は、当初7000億円だったが、3兆円にまで増えた。それによる負債の返却に、どれだけの期間かかることだろうか。今後、日本は人口減少が急激に進む。国力も落ちて行く。そこで、これだけの負債を返すことがどれだけ東京都民、国民に負担になることだろう。

将来世代へまた大きな負の遺産を残そうとしている。

オリンピック誘致で甘い汁を吸い続けている政官業の人間は、責任を取ることはない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7547-97fe6989