FC2ブログ

ロシア訪問回数だけは突出しているが・・・ 

安倍首相は、北方領土返還を進めるためとして、2013年以降25回もロシアに出向いた。プーチン大統領は、一度来日しただけである。これだけでも、外交的には「負け」であると、言われている。政権トップは、相互訪問が原則だからだ。

結局、プーチン大統領からケンモホロロの扱いを受け、北方領土交渉は進展どころか、大きく後退した。「北方領土は日本に帰属する」という原則は、これまでの政権が維持してきた原則であるが、ロシアに媚びを売るためだろう、その原則も外してしまった。この原則を外したら、北方領土返還をわが国が諦めたというシグナルを送ることになる。

安倍首相には、外交は無理だ、ということだ。

以下、引用~~~

「北方領土は日本に帰属」消える
外交青書、対北朝鮮圧力も削除

2019/4/23 09:08
©一般社団法人共同通信社

 河野太郎外相は23日の閣議で2019年版外交青書を報告した。18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えた。「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」との文言も削除された。4島を実効支配するロシアと、拉致問題解決に応じない北朝鮮への態度を一定程度軟化させることで、それぞれとの交渉を前進させる狙いがある。

 北方領土の記述で19年版は日本の法的立場に関する説明を回避。「問題を解決して平和条約を締結」するとの言い回しにとどめた。18年版にあった「未来志向の発想により、平和条約の締結を実現する」も踏襲しなかった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7573-4c90db28