FC2ブログ

株式投資により、年金資金15兆円超の損失 

年金資金が株式に投資され、昨年最後の四半期で15兆円の損失を出した。株を高値でつかんでいる可能性が高く、さらに総額36兆円といわれる投資総額分を株価下落局面で売り抜けるわけにはいかず、年金資金の損失はさらに拡大する可能性が高い。

安倍首相は、以前、年金資金の投資状況によっては、年金減額もありうると国会で述べた。

「アベノミクス」の成果とされてきた株価も、今後の展開はかなり怪しくなっており、我々の年金支給額を直撃する可能性が出てきた。

官製相場は、土台砂上の楼閣なのである。

以下、日刊ゲンダイより引用~~~

 公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が1日、2018年10~12月期の運用実績を公表。なんと14兆8039億円の赤字だった。利回りはマイナス9.06%。7兆8899億円の赤字を出して大問題になった15年7~9月期を大きく上回る過去最大の損失額だ。GPIFが抱える150兆円資産の約1割が、わずか四半期で消えてしまった。

「最大の要因は、アベノミクスの一環として、14年10月にポートフォリオの見直しを行ったことです。国内株と外国株の比率をそれぞれ12%から25%に引き上げ、巨額資金を株式市場に振り向けた。それで株価は2万円台に上昇しましたが、GPIFの資産が市場の変動の影響をモロに受けるようになってしまった」(経済評論家・斎藤満氏)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7574-84a3fecb