FC2ブログ

国保料値上げ、国保料滞納、国保証取り上げ 

国民健康保険は、主に自営業者、無職の方等が加入しており、財政がひっ迫している。2019年度に、各都道府県が提示する「標準保険料率」をもとに市町村が国保料を改定する。その結果、8割の自治体で平均4万9千円の値上げになると予想されている。その結果は、この記事にある通り、国保料の滞納が増える可能性が高い。滞納が1年間以上になると、国保証が取り上げられ、一旦すべてが自己負担になることがある。

新聞赤旗から引用~~~

国保料滞納269万世帯 3分の1 国保証取り上げ
18年度厚労省調査

 国民の4人に1人が加入し、自治体が運営する国民健康保険制度で、2018年度に保険料・税(国保料)を滞納していた世帯は、全加入世帯の15%近い約269万世帯であることが、厚生労働省の調査で分かりました。また、国保料滞納世帯の3軒に1軒は、滞納を理由に正規の被保険者証(国保証)を取り上げられ、安心して医療を受けられない状況にありました。

~~~引用終わり

で、実際に国保証を取り上げられるケースがどれほどいるのか、そのような方々が医療を受けられるのかが、福岡県議会で議論されている。

こちら。

自分は大丈夫と思っていても、いつ何時、病気に冒され仕事を失うかもしれない、または他の理由で国保料を支払えなくなる可能性がある。誰にでも起きるリスクだ。

そうすると、医療に満足にかかれないということになる。国保加入全世帯の5%は、保険証を取り上げられ、そうした事態に現になっている。今後、高齢化が進行し、この状況は悪化する。

それを黙って見過ごしていて良いのか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7607-cc30db7f