FC2ブログ

安倍首相がやらかした 

天皇陛下の退位の式典で、安倍首相が挨拶をした。自分が取り仕切ってきた、天皇継承の儀式のピークである。さぞ晴れやかな気分で、気合の入ったことだったろう。

だが、ここで例によって、彼はやらかしたのである。下記のヴィデオクリップの2分前後の部分・・・

「天皇皇后両陛下がお健やかであらせられますことを,,,,,あれせられますことを願っていません

漢字か読めなかったのだ。「願って已(や)みません」と書かれていたのだろう。それを「いません」と読んでいる。その前後で読み淀んでいる。

真逆の意味ではないか。天皇に失礼にもほどがある。

こちら。

また漢字が読めなかったのかで終わりにいてはいけない。これほど重要な儀式での挨拶である。あらかじめ、原稿を自分で読んで(どうせ官僚に書かせた原稿だろう)、なぜフリガナを振っておかなかったのだろうか。

問題は、中学生程度のレベルで発達の止まった頭脳の持ち主が、令和騒ぎに乗じて憲法改正をすると息巻いていること。自分が何をしようとしているのか、理解しているのか大いに疑問だ。

大学時代の恩師である加藤節成蹊大学名誉教授が、こんなことを述べているらしい。

「安倍晋三氏は必修だった政治学の授業に一度も出席しなかった。だから不可を付けたが気が付いたら卒業していた。どんな秘策を使ったか知らないが、こんな輩が日本の総理大臣だということを私達は肝に命じるべきだろう。」

この言葉通りに加藤名誉教授が述べたのか私には分からないが、安倍首相はその学生時代に遊び呆けていたという情報はあちこちから聞こえてくる。そして、国会論戦を通して明々白々になった彼の虚言癖。彼は、日本と言う国を亡ぼすかもしれない。

追伸;首相官邸は、このクリップをいつの間にか、削除したらしい。例の「安倍晋三Politician」というPVといい、この画像といい、安倍晋三という人間の本性、能力をまざまざと我々に見せつけるものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7624-ab83ec7e