FC2ブログ

もう一つの年金「改革」 

これも、すごい年金「改革」だ。

働く女性からみて、専業主婦は恵まれている。だから、専業主婦に新たな負担を、という論理だ。

これも不幸の均霑のロジックだ。

問題は二つ。

1)この新たな、そしてかなり大きな負担を、専業主婦に負わるのであれば、そのスキームを作り、それを争点に選挙をすべき。

2)専業主婦は、家庭を支え、夫が仕事をできるようにしている。それを労働と考えるべきではないのか…と当初考えたが、共働きの多くの主婦はその家事を同じく担っている。専業主婦以外の女性へadvantageを与える形の改革をすべきではないのか。また、大企業に勤める夫には、相応の負担をしてもらう必要がある。これは、いわゆる100万円の壁をなくし、パート主婦の収入を増やすためにも必要。

GPIFは、年金基金を、株式投資で溶かし、今後株価下落に伴いトンデモない損失を抱え込む可能性がある。それの責任を誰も取らないのか。これは明らかに政権が責任を取るべき問題だ。

以下、引用~~~

働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される
5/5(日) 7:00配信 マネーポストWEB

 令和を迎え年金改悪の議論が始まっている。現在、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金をもらうことができる「第3号被保険者」の妻は約870万人いる。

 第3号については共稼ぎの妻や働く独身女性などから「保険料を負担せずに年金受給は不公平」という不満が根強くあり、政府は男女共同参画基本計画で〈第3号被保険者を縮小していく〉と閣議決定し、国策として妻たちからなんとかして保険料を徴収する作戦を進めている。

 厚生年金の加入要件を広げることで仕事を持つパート妻をどんどん加入させているのはその一環だ。3年前の年金法改正で厚生年金の適用要件が大幅に緩和され、わずか1年で約37万人が新たに加入している。

 そうして篩(ふるい)に掛けていけば、最後は純粋に無職の専業主婦が残る。厚労省や社会保険審議会では、無職の主婦から保険料を取る方法も検討してきた。

「第3号を廃止して妻に国民年金保険料を払ってもらう案、妻には基礎年金を半額だけ支給する案、夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して徴収する案などがあがっている」(厚労省関係者)

 令和の改革でいよいよ「3号廃止」へと議論が進む可能性が高い。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7634-c260e305