FC2ブログ

教育・研究の没落 

大学の国際ランク付けで、わが国の大学は大きく順位を落としている。THSによると、アジア一位の座を守っていた東大もしばらく前からシンガポール国立大や、中国の清華大学に大きく引き離されている。こちら。

科学論文の被引用数も減少の一途だ。

科学論文でさえこの有様だが、社会科学・人文科学の研究はさらに落ち込んでいる。

理由は明らか。教育研究予算を、機械的に削減し続けているからだ。ごく少数の大学に予算を充当し、大学法人に官僚が天下る。特に、地方大学は疲弊しきっている。ポスドクの研究者のポストがない。研究者になろうとする優秀な人材がいなくなる。

新自由経済を機械的に教育に当てはめること、大学を天下り先にして官僚が利権を漁ること、学問の広がり、裾野を無視し、リベラルアーツを蔑ろにすること、これでは、教育・研究は落ちぶれるままだ。

人口減少等社会的なネガティブな要因に対処するためにも、教育の充実・研究の興隆は欠かせない。このままでは、わが国は没落してしまう。

NHK NEWS WEBより引用~~~

科学論文の引用回数 米中が各分野の1位独占 日本はなし
2019年5月12日 4時08分

引用回数が多い科学論文の各国の割合を151の分野ごとに比較したところ、アメリカと中国が各分野の1位を独占し、日本は1位となる分野がありませんでした。集計した科学技術振興機構は、日本の研究力が相対的に下がっていると警鐘を鳴らしています。

科学技術振興機構は、引用回数で世界の上位10%に入る質の高い自然科学系の論文について、人工知能やバイオテクノロジー、天文学など151の分野ごとに各国の割合を比較し、順位の推移を分析しました。

その結果、最新の2017年までの3年間平均では、151分野のうち80分野でアメリカが1位でした。
残りの71分野は中国が1位となり、米中が首位を独占しました。

日本は1位の分野がなく、がん研究など2つの分野の3位が最高でした。

日本と中国はともに1997年までの3年間平均では1位の分野はありませんでしたが、中国は20年の間に、機械工学など産業に関わる分野を中心に大きく順位を上げ、日本を引き離す結果となりました。

また5位以内の日本の順位をみても、1997年までの3年間平均では151分野のうち83分野で日本はトップ5に入っていましたが、最新の2017年までの3年間では18分野にまで減りました。

科学技術振興機構の伊藤裕子特任研究員は「予算が突出した米中がトップになるのはある意味当然といえるが、5位以内をみても日本の研究力低下が鮮明になった。深刻に受け止めるべきだ」と警鐘をならしています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7660-a4f345c4