FC2ブログ

業績悪化の日産、社員首切り 

日産の業績が悪化している。中国での業績は良いのだが、欧米、わが国で売り上げが芳しくない。

その日産、内部留保をキャッシュで1兆2千億円ほど持ち、全体の内部留保は5兆円弱ある。

この一時的な業績悪化で、人員を削減するらしい。どのような経営的な判断を下したのかは分からないが、業績悪化を受けて、まず社員を切るという判断をしたとしたら、最悪。内部留保を取り崩してでも、優れた社員の雇用を守るべきではないのか。EV等への投資が少なくはないのか。経産省と深いつながりがあるという経営陣に責任はないのか。

あの業績が比較的良いトヨタも、社員の終身雇用は難しいと言い出している。

まさに、正規雇用の非正規化が目の前で進行している。これでは、内需は減少するばかりだ。

以下、引用~~~

日産、4800人削減へ=年300億円のコスト低減

2019年05月14日 22時41分 時事通信

 日産自動車は14日、2022年度までに世界全体で4800人以上の従業員を削減すると発表した。業績悪化を受けて進める経営効率化策の一環。早期退職関連で470億円の費用が発生するものの、年間300億円のコスト低減につながると見込んでいる。

 日産は、過大な生産能力を抱えていることが採算悪化を招いていると判断。世界全体の生産能力の余剰分を10%削減する考えだ。欧州市場で高級車ブランド「インフィニティ」の販売から撤退するなど、事業の再構築を進める。7月にも詳細な合理化策を公表する予定だ。 【時事通信社】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7669-bbd79b38