FC2ブログ

経産省肝いりのゾンビ企業 JDI 

経産省がリードする、原発事業は、ことごとく失敗している。東芝は、それにより解体に近い状態になった。日立も、原発輸出事業が失敗し、2000億円以上の負債を抱えている。

我が国の主要メーカーの半導体事業を統合したJDIも経産省がリードしてきた。だが、新しいビジョン・技術の開発に失敗し、アップル頼みの経営になってしまった。アップルの事業規模縮小に伴い、JDIの経営は危機に瀕し、台湾中国の企業連合に買収されようとしている。

こちら。

INCJは、官民ファンドとして2009年に設立された産業革新機構の流れを汲む投資会社。産業革新機構は3000億円の投資を行ったが、その内2860億円は、政府が出資したもの。であるから、実質的に官製ファンドと言って良い。

で、その投資先のJDIが風前の灯。台湾中国企業に買収されるか、経営破たんするかの瀬戸際にある。

結局、経産省は、わが国の民間資産を外国勢に売り渡すのを主要業務にしているのだろうか?・・・それは冗談だが、官主導の企業投資・経営は成功しない、ということなのだ。官が絡むと、天下った官僚が専門外のことに口を挟む、いざとなれば公的資金の援助を見込めるとして経営が緩むといったことがあるのではないだろうか。経産省が直接民間を主導する、民間企業に投資するということは止めるべきではないか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7680-76c85c59