FC2ブログ

大台に乗るに際して 

過ぎ去ろうとする今日、70歳になった。このブログを始めたのが57歳。その頃は、仕事に生活に遮二無二突進していた。体力・知的能力両面でまだ余裕があった。

あれから13年。仕事を辞め、家事中心に生活が回っている。

ブログ開始当時は、大野病院事件があり、医療の将来に危惧を抱いた。自分の仕事であったからかもしれないが、あれではいけないという思いが強かった。

だが、バブル崩壊の後遺症の癒えぬまま、この7年間安倍政権が政治を私物化し、平和国家を破壊し続けている。憲法の理念、平和主義、国民主権、基本的人権が蔑ろにされ、集団的自衛権の名のもと世界どこにでも米軍の指揮下に自衛隊が派遣されることになろうとは、13年前には想像できなかった。そして、国内では、少子高齢化が急激に進み、国力は落ち続けている。天文学的な政府負債がさらに積み重ねられている。

以前にも記したが、第二次世界大戦に兵士として徴兵された父は、若い時代をあの戦争の渦中で過ごした。それに匹敵するかもしれない、政治経済の混乱がこれから起きようとしているように思える。父の経験した戦禍と同等の混乱・窮乏化が待ち受けているように思える。

経済的なハードランディングが先か、それとも全体主義化が先か、いや両方が一緒にやってくるのか。今のところ、暗い見通ししかない。自分の晩年になって何故という思いも強いが、それが運命というものなのだろう。歳をとり、同じことを繰り返し述べているだけのような気もするが、それでもできる限り、その時々を記録する積りでブログを続ける。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

初めまして。だいぶ草臥れかけておりますが、もう少し頑張ってみようと思っています。加藤教授の著書、論文、すばらしいものが多いですね。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7697-80d9bae7