FC2ブログ

消費税増税と消費税還付金・法人税減税 

経団連等財界は、消費税増税を強力に主張している。与党の参院選対策で、万一10月の増税がなくなったとしても、選挙後には、政権与党はさらなる増税を行うことにするはず。

財界が消費税増税を主張する大きな理由は、輸出大企業への消費税還付金である。彼らが輸出物品を製造する際に、消費税を支払っているからという理由づけだが、その分を下請けに安くさせており、消費税が増税されるほどに、彼らが受け取る還付金だけが増える仕組みになっている。

こちら。

法人税減税が、消費税増税とパラレルに行われてきた。現政権は、法人税のさらなる減税を目指している。

こちら。

大企業が利潤を増やすと、政権与党はより多くの政治献金をそうした企業から受け取ることになる。自民党の受け取る政治献金は、民主党政権時代からほぼ倍増している。

このスキームでの消費税増税は認めるべきではない。安倍首相は、税金は国民から「吸い上げるもの」と国会で述べた。吸い上げたあとの使い道は、自分たちの思い通りということだ。税金を国民のために用いるという視点が全く欠如している。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7705-4486d2a4