FC2ブログ

時代の証人 メルケル首相 

自分が生きたこの時代を、後の歴史家がどのように評価するだろうかと時々考える。その時代の真っただ中で生きてきた、平凡な市民の一人である私が、それを適切に予測することは難しい。

敢えて単純化すると、第二次世界大戦後、共産主義と自由主義経済体制間の冷戦が生じた。それがあったからこそ、わが国は驚異的な復興を遂げられた。だが、共産主義体制国家がその非人間性によって崩壊した。その後、自由主義経済体制は、経済を単純な貨幣現象と捉え、世界経済を同一化し、利益を最大にする新自由主義経済体制に変化した。だが、それが各国、各地域の社会的共通資本を破壊し、経済格差を国家間、国家内で極大化した。それによって、移民問題が生じた。それに対して、ナショナリズム・移民排斥を訴える勢力が力を得ている・・・ということなのではないか。共産主義に一度は夢を抱いたが、その夢は共産主義体制そのものの欠陥によって破れ、自由主義経済体制を推し進めそれによって更なる歪が生じた。それへの反動の時代、ということなのではないか、ということだ。

この難しい時代にあって、現実へ柔軟に対処し、新自由主義にもその後のナショナリズムからも距離をおく政治家が必要とされていると思うのだが、現実は、米国のトランプ大統領に代表される、孤立主義、利己的な政治家、または独裁を目指す安倍首相のような政治家が政権を握っている。現実の政治の世界で、前者に近い政治家の代表は、ドイツのメルケル首相だろう。彼女も、国内のナショナリズム、ファシズム勢力の台頭によって、政治の舞台から去ろうとしている。後世の歴史家は、彼女を孤立主義・少数者排斥・極右ナショナリズムに抗した人物として評価することになるのではないだろうか。

メルケル首相が、ハーバード大学で行った演説を報じる記事を引用する。

~~~

独メルケル首相がトランプ氏批判 「壁」崩し国際協力を
5/31(金) 8:09配信 共同通信

米東部マサチューセッツ州のハーバード大で演説するドイツのメルケル首相=30日(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】ドイツのメルケル首相は30日、米東部ボストン郊外のハーバード大卒業式で講演し、「ベルリンの壁」の向こう側にある「自由」に憧れていた自身の経験を紹介しつつ、自由を阻害する保護主義や単独主義などの「壁」を壊して国際的な協力を進めるよう呼び掛けた。トランプ米大統領を間接的に批判した形で、卒業生らは熱狂的に拍手した。

 旧東ドイツで育ったメルケル氏は、第2次大戦後の欧州復興の原動力となった米「マーシャル計画」が1947年にハーバード大で発表されたことに触れ、「心の中の壁を壊せば敵が友に変わる」と主張した。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7755-4dea549d