FC2ブログ

墓穴を盛大に掘った安倍首相 

昨日の志位和夫共産党委員長との党首討論で安倍首相は、マクロ経済スライドでどれだけ年金を削減しているのかを正直に述べた。マクロ経済スライドを廃止しようという、志位氏議員の具体的な提案を否定する積りが、墓穴を掘ったということだ。志位議員のtweet;

党首討論の議事録を精査したところ、首相は「マクロ経済スライドを廃止し、将来の受給者の給付が減らないようにする上においては、七兆円の財源が必要です」と答弁している。
これが事実とすると、「マクロ経済スライドで奪われる年金が七兆円」という極めて重大なことになる。説明を求めていきたい。


現在の給付年金総額は54兆円だから、本来は61兆円の給付であるはずが、マクロ経済スライドによってその13%がカットされている、ということだ。

マクロ経済スライドは、受給のバランスで自動的に給付を減らす仕組みだから、今後、この削減額は増えて行く。

竹中平蔵一派の考えた永続的な年金削減のスキームがあるから、年金は100年安心だと安倍首相は胸を張っている。

墓穴を掘った、とはまさにこのことだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7853-876d3eb8