FC2ブログ

年金給付水準が引き下げられる それを隠そうとする政府 

財政審が、政府に忖度した建議を財務相に提出した。

年金給付水準を引き下げる、という本音を隠そうとしている。のだが、あまりにも明白であり、隠せるものではない。国民もうすうす気づいている。隠そうとするから、不安が強くなる。国民に不安を与えるから、ということは理由にならないばかりか、これでは逆効果だ。

そもそも、マクロ経済スライドを竹中平蔵一派の進言で取り入れてから、年金は将来にわたって徐々に切り下げられるようにプログラムされたのだ。画期的な経済成長が起きるわけではなく、少子高齢化の進展、現役世代の人数減が目の前にあったわけだから、だ。マクロ経済スライドのシステムができた段階で、それを問題にすべきだったのだが、「100年安心」というキャッチフレーズに国民は騙された。まさか、100年間安心なのは、年金制度なのであって、国民生活を100年間保障するものではない、とは思わなかったのだ。だが、安倍首相は、まだその「騙し」の手口が有効だと思っているらしく、「マクロ経済スライドがある」と繰り返している。

現在の日本の状況では、マクロ経済スライドによって、年金給付水準が低下するのは、必至である。

それによって生じる国民生活の酷い窮乏化を、年金底上げによって打開しようと言う野党の提案に対して、「馬鹿げた政策だ」と一顧だにしないのが安倍首相である。

asahi.comより引用~~~

「年金給付水準の低下」原案から削除 財政審が配慮か

木村和規 2019年6月20日21時16分

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)が麻生太郎財務相に提出した建議(意見書)で、原案にあった「将来の年金給付水準の低下が見込まれる」「自助努力を促すことが重要」との文言が削除されていたことがわかった。麻生氏が、老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁の審議会報告書の受け取りを拒否したことなどで、老後の生活不安問題が夏の参院選の主要争点となる見通しだ。このため、財務省が安倍政権に配慮したのではとの見方も出ている。

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7855-011dd088