FC2ブログ

大晦日 

毎年、正月前後の仕事をどうするか、悩む。患者さんのことを考えると、できるだけ休みは少ない方がよい。勿論、医院の経営を考えても、そうだ。しかし、スタッフのことを思うと、ある程度休みを取らせて上げたいし、私もそろそろ人並みの休みがほしくなってきた。

だが、休みを長く・・・といっても、数日のオーダーであるが、取ると、その前後が猛烈に忙しくなる。その忙しさは、午前中だけで、60、70人以上を診察することになることはざらだ。今年は、その忙しさを避けることを念頭において、仕事のスケジュールを立てた。即ち、あまり休みを取らないスケジュールである。

今日は、午前中だけで55名。それほどでもないが、ノロウイルス感染と思われる嘔吐の子が多く、手間がかかった。午後にも2,3名の飛び込みの相手をし、自宅に帰ってからも、6,7名の電話での対応が必要になった。寝るまでに、また一波乱がありそうである。Bob W9KNIが、会うたびに、小児科医であった彼の父親は年がら年中仕事をしていたと話してくれていたが、私もその域に達し始めたかなと思うようになった。第三次産業に従事される方が多くなり、年末年始など関係なく忙しく仕事をしている方々も多くおられることだろう。私も、その中の一人である。

自宅に帰ってからは、休みの気分になっている。無線をし、チェロを弾き、本を読んで時間を過ごしている。無線では、Lee HL2DCに、3.5メガで呼ばれた。先日、このブログでコメントを下さった方である。彼とは、1960年代からの付き合いで、20年ほどまえ、彼が韓国企業の駐在員で東京におられたころ、家族連れでわざわざ北関東の我が家を訪ねてくれたことがあった。彼は、KMIという会社で仕事を続けているそうだ。片道90Kmの道のりを、高速道路で通勤しているらしい。ここを訪ねてくださった時、小中学生だった二人のお子様は、独立結婚されて自宅を出ておられるらしい。グローバリズムの波をもろにかぶって、仕事はかなり厳しいようだ。会社との3年毎の契約で、業績が上げられないと、契約を延長されぬらしい。仕事についていない人々のことを「白手」と呼ぶらしく、そうした失業者が多いとのこと。無線を始めた頃の夢のリグSラインに30L1を手に入れているが、専ら飾りで、実際は、YAESUのFT1000MPとアンプで出ているらしい。CWは、縦ぶれである。今回の交信は、禁断のモードで行なった。3月には暖かくなるから、是非遊びに来るようにとお誘いを受けた。なかなか休みは取れないが、近いうちに是非訪ねたいものである。誠実そうな人柄の方だ。

今年の音楽面での回顧を記そうと思っていたのだが、回顧するほどのことはやはりなし。オケ活動からも早々にドロップアウトしてしまったし、室内楽をするでもなく、ちょっとしたオフに出かける以外は、仕事場の自室で専ら音階練習と、バッハの無伴奏等を弾き散らかしてきた。楽器の演奏は、聴覚を用いる一種の運動なので、加齢に伴い、進歩はおろか、退歩することが多くなる。もともと実力のない私のようばケースでは、退歩すべき後ろのステップも無い具合である。ま、それでも良いのだ。自分が楽しむこと、自分の弾くパッセージや、和音のなかに、天啓の音楽の片鱗でも経験できれば十分なのである。それにしても、やはり基礎的な練習をもっと積んで、少しでも高みに進めるようにチャレンジしてみよう。来年になったら、また玉砕かもしれないが、既に記した通り、オケに顔をだしてみる積りだ。ベートーベンのエロイカ。重厚な構造、そして潔癖な響き。後期の自由闊達さはまだ見られないが、ベートーベンの一番力が発揮された時期の傑作である。東京在住のバイオリン弾きの方から、弦楽アンサンブルへの誘いも受けているので、それにも参加する積りだ。あまり気負わず、でも情熱を傾けて、音楽に相対して行きたいもの。

医療崩壊の問題も、こころのなかの大きな部分を占め続けてきた。特に、現在進行中の医療事故調の問題は、深刻だ。一旦、官僚の立案するシステムが動き出すと、それ自体が、自己目的化して暴走を始める。それに呼応して、医療は、萎縮せざるを得なくなる。そこに混合診療が入り込めば、満足な医療は、極限られた「持てるもの」だけが享受できるものになってしまう。それではいけないのだ。一介の田舎の小児科医に何が出来るだろう。この問題も、緊急に対応する必要が出てくる。自分に何ができるのだろうか。

さて、もう一度携帯で患者さんからのラブコールを確認して、そろそろ大晦日のdutyもフリーにさせて頂こう。

このブログ、何しろ言いたいことを、言いたい放題記しているので、お目汚しにしかなっていないのではないかと思っているが、私の現在のキャパと、能力では、これしかできない。エントリーする文章も、ほとんど推敲もせずに打ち込んでいる。これからも率直に思うところを記して行きたい。お読みくださり、時にはコメントを下さる諸兄姉には御礼申し上げたい。

では、皆様、健康に恵まれた良い新年をお迎えください。

コメント

コンピュータが復活した6月来から楽しませて
頂きました。一読者として気持ちの続く限りお
書きになってくれる事を望みます。

良い正月をお迎えください。

あけましておめでとうございます。
いつもお仕事ご苦労様です。
今年は、少し軸足を傾けて趣味も十分に楽しまれることを祈っています。

あめくさん、Akiさん

明けましておめでとうございます。

ぼちぼち参ることに致しましょう。といいつつ、元旦の朝っぱらから、携帯に患者からのラブコールが、ワンサカ・・・苦笑。

今年も、無線の方でよろしくお願いしますね。お二人の御健康をお祈りいたします。

あけましておめでとうございます。
1月2日~3日にかけては「のだめカンタービレ」ドラマ版がフジテレビ系で再放送されています。音楽大学のはなしでピアノと指揮がおもですが、もてもてのチェロ奏者とかもでてきます。

MADIさん

明けましておめでとうございます。

あの有名な「ノダメ」ですね。まだ見たこと、読んだことはないのですよ。漫画に対する偏見もあって(笑。しかし、理由はどうであれ、クラシックに関心を持つきっかけになるのでしたら、歓迎ですね。ベートーベンの7番が、演奏されるのでしたよね・・・あの曲は、大学オケで弾いたことがあって、唯一チェロのトップを弾いた曲です。あの頃はあまり好きな曲ではなかったのですが、最近は見直しています。「ノダメ」も、機会があったら、観てみたいと思います。

毎日仕事でお疲れモードです・・・無線のやり過ぎという声もありますが・・・。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/787-0be272b7