FC2ブログ

壮大なる無駄遣い 

大阪G20サミットが終わった。二日間のために、総額300億円以上かけ、多くの市民生活にしわ寄せをした、壮大なお祭り騒ぎだった。

喫緊の課題だった、保護主義貿易の台頭に対する対処はなし。何のために集まったのだろうか。

安倍首相の記者会見を一部見た。原稿とプロンプターが大活躍である。読売新聞の「事前通告」と思われる質問に答えるのに、原稿に目を落とし続けていた。その次の、CNNシンガポールの記者の質問も同様(まさか、外国プレスにまで質問の「事前通告」を要求しているのだろうか?)。菅官房長官と同様、安倍首相は、記者会見の場での緊張感のある、事前通告なしのやり取りをする能力に欠けている。記者会見に事前通告等持ち込んでいたら、それは記者会見ではない。単なる広報でしかない。

集合写真を撮るときに、他の首脳は握手をし挨拶をかわしていたが、安倍首相は、議長国首相であるに拘わらず殆ど無視されていた。そこに安倍首相が存在していないかのように、他の首脳に扱われていた。これは、安倍晋三という政治家のみっともなさだけではなく、わが国の立場の低下を意味する。

政府は懸命に否定しているが、米国トランプが、日米安保の片務性を問題にし、日米安保の「改定」・・・すなわち、米国の世界戦略のための自衛隊の海外派兵・・・を主張したというニュースが飛び込んできた。米国は、わが国の財も人命も差し出すことを要求する。

安倍首相にしてみると、このG20は参院選へのまたとない選挙運動の一環だったのだろう。300億円の国家予算を浪費してのバカ騒ぎだった。これをテレビ等で観た国民は、やはり「外交の安倍」だと思い込まされることになる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7910-3768e0ad