FC2ブログ

サウジ皇太子は暗殺犯と見做されている 

サウジ皇太子は、カショギ記者の斬殺を支持した人物と国際社会で看做されている。サウジは、イスラエルとともにイランに敵対し、イランへの強硬な態度を続けている。豊富なオイルマネーで米国から軍備を購入し続けている。

そのような人物と、会談し、にこやかに写真に納まる。それが全世界に配信される。その意味が、安倍首相には分からないのだろうか。

以下、引用~~~

安倍首相、サウジ皇太子と会談=イラン情勢めぐり協議

2019年06月30日 15時46分 時事通信

 安倍晋三首相は30日、大阪市内でサウジアラビアのムハンマド皇太子と会談した。緊迫化するイラン情勢をめぐり、首相は、イランと対立するサウジ側に先の自身のイラン訪問を踏まえ、緊張緩和のための日本の取り組みを説明。両氏は中東地域の平和と繁栄のために緊密に協力していくことで一致した。

 皇太子は昨年10月の記者殺害事件への関与が疑われているが、日本政府によると、同日の会談では話題に上らなかった。両氏は来年サウジで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の成功に向けて連携していくことも確認した。 【時事通信社】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7914-38efe209