FC2ブログ

後期高齢者医療制度 

以前にも何度か取り上げたが、この制度が、今春から実施される。

75歳以上の高齢者だけの医療制度。保険料は、年金から天引きされる。年額平均7万2千円程度になるようだ。収めることができないと、ペナルティをかけられる。2年後とに保険料は改定される。医療費の一定割合が、保険料で賄われることに決められているから、これから高齢化が進むと、際限なく保険料が高くなる。

保険料・保険財政の議論は盛んだが、肝腎の医療の中身は、あまり検討されている気配がない。まず診察を受けるのは、特定のかかりつけ医のみ。医療費は、病気単位で決められた額しか支払われない。したがって、重たい病気を幾つも抱えていたら、十分な医療を受けられないことになる。

また、在宅での終末期医療を進めるようになる様子。これも繰り返し言っているが、これだけ核家族化し、さらに共稼ぎ家庭の多くなった現在、親の介護をすることのできる家庭がどれだけあるのだろうか。

保険医団体連合会の解説(ここ)もご覧になって頂きたい。是非、高齢の御家族のいる方々、高齢者ご自身に、この制度が開始されることをお伝えいただきたい。若い方々にとっても、すぐにご自身の問題になる。

この制度は、国による「姥捨て山」政策である。高齢者に早く亡くなることを期待する、ジェノサイドにも比せられる政策である。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/793-ae866a14