FC2ブログ

逮捕者が出始めた香港のデモ  

香港で逃亡者条例改正案に反対する人々は、ゴーグル・マスクを着用し、顔を隠していた。あれは、中国で採用されている、顔認証システムから逃れるためらしい。

あの暴力行為は頂けなかった・・・中国共産党の謀略だという説もある・・・、あの暴力行為によって香港当局にデモ参加者を逮捕する理由を与えてしまった。

この事態は、他人事ではない。

「防犯カメラ」がいたるところに設置されている。犯罪捜査で、顔認証を行うシステムも動作している。こちら。このシステムで、姿かたちが他の個人データと紐付けされ、国民全体を対象にするようになる可能性もある。警察、とくに公安警察には、そうしたシステムを導入する動機がある。

この防犯体制は、本来の目的に用いられる限りにおいては、市民のためであるが、ひとたび公安のために、政治的な弾圧のために用いられるとすると、悪夢だ。

盗聴法に基づき、警察は自分たちで盗聴を大規模に行うようになっている。対応犯罪の種類は広げられた。一応、裁判所の令状が必要だが、盗聴自体は警察の建物内部で警察だけによって行われている。また、共謀罪も、公安警察によって利用される可能性がある。内心レベルにまで立ち入って、何らかの同一の政治的意図を持つ人々を一網打尽にするのが、共謀罪。同罪は、極めて広範な犯罪に対応する。

恐ろしいことには、こうした市民を政治的な目的で取り締まり、罰することに利用しうる制度・システムが、市民の側の監視・批判の対象になりえない。

政治・警察権力は何時でも暴走しうる、と考えておいた方が良い。

香港のこの民主化につながる運動の展開を見守って行きたい。

WSJより引用~~~

香港デモ、警察の逮捕開始で新たな局面に
By Chuin-Wei Yap
2019 年 7 月 5 日 12:12 JST

 【香港】香港の警察当局は、反政府デモで警官隊との衝突に関与した疑いで十数人を逮捕した。警察はさらに、立法会(議会)の建物に乱入したとみられる者についても、捜査の網を広げている。

 逃亡者条例改正案を押し通そうとした香港政府の試みは、一連の大規模デモによって阻止された格好となった。しかし今回の逮捕は、香港政府が新たに手にした有利な状況を利用しようとする姿勢を示唆している。

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/7936-fff28c8e