FC2ブログ

自民党衆議院議員 大村秀章様 

自民党厚生労働関連部会の委員長をなさっている、大村秀章衆議院議員にメールをお送りした。彼のサイトなどでは、自らが座長をしている「医療安全調査委員会」の検討会での検討内容について、何も議論や報告がない。当地の関連議員にも送付するつもりだ。

以下、送付したメール~~~

大村秀章様

日ごろ御活躍を、マスメディア等を通して、拝見させていただいています。私は、北関東で小児科の開業医をしています。このたび、医療安全調査委員会の検討が、自民党で進められおり、貴議員がその座長をされていると聞きました。その案も読ませていただきました。予期に反し、結局、厚生労働省案と殆ど違わず、この内容では、医療を萎縮させ、破綻させることが明らかです。

問題点を列挙します。

○医療事故の再発を防止するという目的からすると、調査は、純粋に医学的な視点で行なわれるべきだが、調査委員には、法曹界・患者サイドの方々が入ることになっており、それは目的遂行の障害になりうる。

○調査委への届出には、患者からの申し出によっても行なわれるようだが、現在の風潮からすると、訴訟目的で届出を主張する患者も出てくるものと思われる。

○調査委への届出の範囲が、明瞭でない。

○刑事・民事訴訟に直接つながる。刑事訴訟で被告の立場の人間に認められる黙秘権が保証されていない。

○医療行政官庁である、厚生労働省の下に、調査・行政処分を行なう組織を作ることは問題。第三者としての性格が失われる。噂では、解体される社保庁余剰人員を、この組織に回すとされているが、そのような官僚の勝手な理由は許されない。

○この組織を立ち上げたとして、病理解剖をするマンパワーも予算もない。

この問題が出なくても、医療界は、これまでの医療費抑制策・連続する官僚による恣意的行政・法曹界の医療の不確実性への無理解・医療のサービスの側面が強調されることによる患者の消費者意識の高揚等により疲弊しきっております。この度の、医療の自律性を徹底的に排除する、官僚組織の成立は、医療を最終的に崩壊させます。

政治が、官僚の暴走をコントロールすべきです。貴議員の行動・判断を、医療者は固唾をのんで見守っています。どうぞ医療現場の意見を、よくお聴きになり、この調査委員会の設立を断念なさることを期待しています。

差出人 住所・名前

コメント

政治家は、日本医師会が厚生労働省に完全に隷属しているとタカをくくっている節がある。衆議院選挙が近々あるはずなので、強力に政治家に圧力を加える必要がある。

大村秀章議員は、愛知13区選出の衆議院議員だ。この議員は、マスコミ露出が多いが、中身のある議論をあまり公表していない。少なくとも、この医療安全調査委問題については、官僚の言うがままだろう。選出地域の方は、是非彼に意見をして欲しい。

意見を出すなら今しかない。

集会

上記の件に関連して今日は東京ビッグサイトで昼過ぎから行われるある集会に参加するため上京しました。今その会議室におります。熱気にあふれております。もうじき小松先生、本田先生の講演が始まろうとしています。
講演前ですが、NHKで以前やった「映像の世紀」のテーマ音楽が流れ、重々し雰囲気です。

この会がどの様な方向性を持つものなのか、今後への展望があるのか、そして自分は何をすべきなのか。漠然としているだけの中に何かを見つけ出したく思い、今この場にいます。

会場では直接お会いすることは叶いませんでしたがYosyan先生も来ていらっしゃったようです。

もはや座視している事態ではない、ということがよく分かりました。

小松先生は、もはや厚労省官僚に陳情するのはムダである。政治家に働きかけて、政治から圧力をかけてもらうより他にない、と仰っていました。
大きく頷くところです。

おお、行かれたのですね。私は、どうしようかと迷いましたが、勤務医対開業医の対立を引き起こすことになるのではないかと、少し様子見をすることにしました。また、貴兄のブログででも、様子をお知らせください。遠いところ、お疲れ様でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/802-278d7b15