FC2ブログ

芸能界の闇 

先日、ジャニーズ事務所という芸能プロダクションの創設者が亡くなった。テレビは一時彼の業績をたたえ、彼の死を悼む番組であふれかえった。

一人の方が亡くなったことに対して哀悼の意を表すのは悪いことではない。だが、それがテレビ全体を覆うのには違和感を感じた。

特に、その創設者は、自らの権力をかさにきて、多くの若い男性芸能人(その候補)に対して、セクハラを行っていたという明確な事実がある。それは、裁判で確定し、さらに被害にあった複数の芸能人がその件について手記を記している。

テレビ番組は、その問題を捨象して、彼の業績だけを強調していた。

さらに、このような報道が流れてきた。

ゆるねとにゅーすから引用;

・2019年7月17日、ジャニーズ事務所から退所して芸能活動を行なってきた元SMAPのメンバー、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんについて、ジャニーズ事務所が3人をテレビ出演させないように、民放のテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、「公正取引委員会が事務所を注意した」とNHKが報じた。

・このNHK報道に対して、ジャニーズ事務所は即座にコメントを発表し、圧力をかけていたことを否定。公取から調査を受けたことは事実と認めた上で、「今後は誤解を受けないように留意したい」とコメントした。


同事務所が圧力をかけていたことを否定しているが、元SMAPの三人のメンバーが民放から「干されていた」のは事実だろう。

SMAP解散の際に、彼らと同事務所の間で軋轢があったと言われている。

芸能事務所が、芸能人の生殺与奪の権利を握っている状況が見える。

先日の、吉本所属の芸人の「闇営業」でも同じような構図が見え隠れしていた。吉本は、芸人ときちんとした労働契約を結ばず、低賃金で酷使している現実が明らかになった。吉本に職属する6000人の芸人は、吉本が絶対権力を持っているために何も言えないのだ。

芸能界は元来暴力団との近い関係が指摘されている。直接の関係はなくなったとしても、芸能事務所が、芸能人を暴力団のように支配し搾取する構図は温存されているということだ。

その芸能事務所に所属する芸能人と嬉々として会食をしていた首相がどこかにいた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8034-a272c319