FC2ブログ

投票日、その直前の中づり広告、新聞広告・・・政権、官僚、民間の利権ネットワーク 

投開票日当日に掲載されるかもしれない、書籍の巨大広告について、小田嶋隆氏がアップしている。

こちら。

すでにJR等列車の中づりに、でかでかと政権賛美の雑誌・単行本の広告が出されている。HANADAとかWILLといった雑誌、高橋某の単行本等だ。一件で一億円と言われる、その掲載コストを考えると、広告の効果自体は疑問だとされている。そのコストがどこから出ているのか・・・官房機密費ではないか。

この中づり広告を一手に引き受けている会社の幹部は、自民党と深い関係にある。現在公判中の、伊藤詩織さん準強姦事件の山口某が、TBSを辞めた時に名だけの顧問にして毎月数十万円を支払っていた会社は、その中づり広告の会社(の子会社)だったという。山口某にカネを出すように依頼したのが、菅官房長官である。こちら。

ご存知の通り、山口某は、安倍首相をよいしょする記事・単行本を書いていた。そして、上記の事件を自分が起こした時に、もみ消しを依頼したのが、内閣情報調査室 北村某であった。そして、逮捕令状が出ていたのにも拘わらず、その執行を直前に停めた刑事局長 中村格は、かって菅官房長官の秘書官を務めていた。

政権ー官僚ー民間の利権ネットワークがここでも機能している。それは、反倫理的な、または違法すれすれの行為を率先して自らの利益のために行っている。

それに否と言える唯一の機会が、国政選挙である。

参院選には、投票し、そうした利権ネットワークに否を突き付けよう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8044-8b326856