FC2ブログ

国民の玉木党首が「生まれ変わる」といって公約を反故にしようとしている 

あっと驚きである。さすが選挙期間中にアムロの衣装をまとって注目を集めようとした党首だけある。

「生まれ変わった」ので、市民連合と野党が合意した公約は反故にし、自民党にすり寄る算段らしい。安倍首相がかって述べた「新しい判断」と同じだ。この調子で公約を反故にするのが、国会議員の特権だと思ったら大間違いだ。こうした議員は生まれ変わって、職を辞すべきである。

必然性も、蓋然性もない改憲に遮二無二に突き進もうとしている安倍首相。先の参院選では、自民党は単独過半数を割り込み、改憲勢力の議席数は2/3を割った。だが、N国党のような泡まつ政党の議員等を巻き込んで、安倍首相は改憲を進めようとしている。国民民主党がそれに加わるとしたら、国民民主党の自殺行為だ。玉木党首は、議論をするだけだというかもしれないが、安倍首相という人物のやり口は良く分かっているはずだ。議論にならぬ議論を少しやった後は、必ず多数にまかせて採決を強行する。安倍首相は、改憲の中身は何でも良い、改憲さえできればよいのだと、改憲自体が目的になっているかのように見える。だが、本心では緊急事態条項の成立を彼は望んでいる。彼のような政治家の下で改憲するというのは悪夢である。

国民民主党は、先の選挙で示された国民の意志を尊重すべきである。

追記;この玉木党首の発言は、あくまで個人的なもので、国民の総意ではない。

以下、引用~~~

時事ドットコム(時事通信ニュース)
@jijicom
国民民主党の玉木雄一郎代表はインターネット放送「文化人放送局」の番組で、憲法改正に向けた国会での議論に応じるとともに、安倍晋三首相に党首会談を申し入れる考えを表明しました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8095-1816b53e