FC2ブログ

自民党安藤裕議員の経済財政政策 

テレビ等は、おおむね、れいわ新選組を否定的に扱っている。テレビ朝日は例外的に山本太郎を出演させ、政策を述べさせた。

ところが、NHKは殆ど無視。フジテレビに至っては、政権とベッタリな吉本興業のお笑い芸人を出動させて、れいわ新選組の政策に対して的外れな批判を加えさせている。

私自身も、以前から述べている通り、山本太郎のリフレ派の考えにはリスクがあると思う。ハイパーインフレになったら、そこで金融政策によりインフレをコントロールできると考えている点。これは理論的に正しくなく、金融緩和でずぶずぶになった日銀に救済策は取れない。だが、現在の(というかこれまでの)政権のたどり着くのは、近い将来の国民の生活破壊であり、社会の破綻である。そのハードランディングを遅れさせ、かつ衝撃を和らげる政策として、れいわ新選組の政策を支持したい。

で、自民党にも、現在の経済財政政策は行き詰まっていると明言する方がいることに驚いた。

安藤裕自民党衆議院議員である。明確に安倍政権の新自由主義的な政策に否を唱えている。

こちら(ちゃんねる桜?)で、その見解を述べている。
こちら。

ただ、安藤議員は、日本会議のメンバーであり、2014衆院選 毎日新聞候補者アンケートによると、その政策の要旨は;

憲法改正と集団的自衛権の行使に賛成。
アベノミクスを評価する。
原発は日本に必要。
首相の靖国神社参拝は問題ない。
村山談話・河野談話を見直すべきだ[7]。
選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば反対[8]。

ということなので、れいわ新選組や、リベラル勢力とすぐに協働はできないのかもしれない。

だが、経済財政政策に関しては、今のままではダメだと考えている与党議員がいるということだ。

この点からも、れいわ新選組は、今後の政治の潮流を変える中心的な存在になりうる、ということだろう。

少なくとも、マスコミは、山本太郎を無視し続けるわけにはいかないはずだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8112-e8ddf5fb