FC2ブログ

株式市場は調整局面に入った 

株式市場が暴落している。米中貿易摩擦がさらに進行し、円高になっていることと、日韓貿易戦争も影響しているのではないか。韓国は、貿易相手国として中国、米国に次ぐ。日韓貿易は、日本が2兆円の輸出超過だったのだ。「自由貿易」を標榜するのはおこがましい。

対韓国輸出規制は、まさに天に唾するようなものだ。

5月22日のWSJのコラムHEARD ON THE STREETでは、日銀によるETFの大量購入が批判されていた。「日銀のETF買い入れ、他の中銀の反面教師に」というタイトルだ。

また、米・欧の中銀は、景気減速を見込んで、利下げに動き始めている。ところが、わが国の長期利率は、マイナス0.2%と歴史的に低い状況。同調した動きはとれない。これは、円高をもたらし、さらに体力のない地方銀行にとっては、生き死にに関わる。地方銀行の株価は軒並み年初来安値だ。

昨日は日経平均で一時600円超の株価下落があり、GPIFが「買い」に出動したらしい。現在の株価のトレンドとしては下落局面なのに、大丈夫なのだろうか。GPIFは爆買いしているはず。大きな損失を抱え込み、年金給付が減らされる可能性が高い。やがて2万円を割り込むと、日銀は財政赤字に陥る。この局面で、日銀も打てる手が極めて限られる。

アベノミクスという無法図な金融緩和のツケは国民に回されることになる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8156-0a8b0b86