FC2ブログ

Night Owlers 

昨夜、チェロの練習に少し行き詰まり、寝る前に気分を変えようと、無線に出た。7メガ。夜11時近かったが、西海岸にまだ開けていた。この時期としてはバンドが静か。夏至を過ぎて1か月以上経ったからなのだろうか。

西海岸の局2局と簡単な交信。言いたくはないのだが、7025より上に出てくる初心者+アルファの局は、英語のnativeであっても、CWの解読ができない局が多い。いないよりはましかと思いながら、交信を手短に終わらせた。

これが最後と思って、CQを出すと、弱い信号でVK4YD Daveが呼んできてくれた。ビームを向けるとS6くらいまで上がって、十分ラグチューが可能。彼のことをすぐに思い出せなかったのだが、PCログの記録で、ex VK4CEUであることを思い出すことができた。しばらく前、数年前だったか、何度か交信している。その様子を記載したポストがこちら。Daveは、すでに81歳。ゆっくりした昔を思い起こさせるバグキーで正確な符号を送って来る。

彼との共通の友人Tim VK3IMにちょっと前に電話したところだと教えてくれた。Timは、以前からのメルボルン近郊の自宅に一人で生活している由。以前からの健康問題が続いているようだ。買い物や食事に関しては手助けしてくれる方がいるらしい。生活が大変だが、Daveが電話をかけてきてくれて嬉しい、ということだった。

Timを含めたCWにactiveな連中がメルボルン周辺にかって数人いた、との彼の話し。夜遅く7メガに出てきて、わいわいやっていたらしい。night owlersと呼び合っていたそうだ。そのメンバーは、Tim以外に、Ron VK3BRC Frank VK3FC Snow VK3MR等。Daveは、当時VK3ABRだった。西海岸のEd W7COB、Merle K6DC等と交信をして楽しんだものだった、とのこと。驚くべきことに、こうしたコールの面々と私も1960年代、そして1980年代にしばしば交信したことをはっきり覚えている。W7COBは1981年にSKになってしまった由。DaveとTim以外も皆もうSKである。

日本時間の夕方、7メガでVK2NSとK6NBの間でskedが組まれ、そこに相伴するように今は亡きOT達(当時はまだ若者)がたむろしていたことを、以前から何度か記した。残念なことに、私の知る限り、そのグループで生き残っているのは、Kemp K7UQHのみ。その連中より少し後になってのことかもしれないが、少し遅い時間帯に、こうした別のグループがいたことを知り、新鮮な驚きだった。

そして、私はその両方のグループを良く知っている・・・ということは、私が博物館級の存在になりつつあるということなのかもしれない。そして、これら二つのグループ以外にも、パスが安定していた7メガで同じようにたむろしていたCWマンのグループがあったのかもしれない・・・。

昨夜、facebookのCWオペがたむろするグループに、この交信のこと、night owlersのことをポストしてみた・・・もしかしたら、誰か当時を知る方がいるかと思ったのだ。だが、そのグループは比較的初心者が多いためか、直接思い出を共有できるような方はいなかった。

Daveと私が最初に交信してから51年経った・・・。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8173-c80e14d7