FC2ブログ

「トリプルゼロ」 

質問、議員立法、質問主意書提出をまったく行わない国会議員をトリプルゼロと言うのだそうだ。

こちら。

トリプルゼロだから業績ゼロとは言わないが、トリプルゼロの議員は仕事をしていない可能性が高い。

この72名のなかの一人が小泉進次郎である。

彼は三世の世襲議員。その「ルックス」と、さわやかげな「弁舌」、さらには党中枢に少し歯向かうような仕草で、世の中には支持する声が強い。

だが、トリプルゼロの一人であり、党中枢・政府に歯向かうような言動もすぐに引っ込めるか、本質的なところをついていないことが多い。格好つけの上手い政治家の一人である。

その極致は、先日の官邸を利用した結婚報告である。NHKなぞは、臨時ニュースで報道し、さらにテレビニュースの最初にもってきたらしい。この実績の皆無の世襲議員の結婚を政府は政治利用した。シンジロウ君は、自らの意思に反して政府に利用された面もあるのだろう。

何せ、彼のこの結婚報告のニュースの背後に、加計学園疑惑に関わる大物議員のスキャンダル、さらには有志連合への参加の有無という大きなニュースが隠されてしまった。ご本人たちには大切な結婚なのだろうが、日本の政治状況には本質的な問題ではないシンジロウ君の結婚。それが、官邸で報告され、大ニュースとして報道されるのには、違和感がぬぐえない。

シンジロウ君は、弁舌さわやかだが、その中身は乏しく、基本的にネオコンの牙城であるCSISで政治信条を仕込まれた議員である。ネオコンは、軍産複合体と密接に関係している。このような人物が次の総理だというのは悪夢でしかない。安倍政権は、2015年以降、このネオコンシンクタンクにそれまでよりも巨額の寄付をし続けている。小泉・竹中路線で始まった、新自由主義体制が、CSISの指示するところなのだ。シンジロウ君は、その尖兵になるべき政治家である。

世襲議員全部を否定する積りはないが、ネオコン・新自由主義がこの国を破壊しつくそうとしている今、シンジロウ君は是非在野の議員のままでいてもらいたいものだ。もうしばらくは、能力のない世襲議員を、国のトップに持って来るのはご免だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8178-ce0153f2