FC2ブログ

開発途上国の飢餓の問題 

お恥ずかしい話だが、世界で起こっている飢餓の具体的な状況について、あまり知らなかったし、関心を持とうとしていなかった。先日、諏訪中央病院の鎌田実さんの著書について、ラジオの番組が触れていた。そこで、毎日餓死者が2万人超出ている。その内、7割が子どもだ。という話を聞いた。震撼の事実だ。毎日、食料がなくて、一つの町にあたる人口の人々が、死んでいっている。その多くが、子ども達だということだ。

ネットでこの飢餓問題について、ユニークな視点からよくまとめてあるサイトを見つけた。FOOD FIRSTというタイトルのサイト。グローバリズムに批判的なスティグリッツの著書でも、先進国が開発途上国の農業を如何に抑圧しているかが、記されている。様々な視点から、こうした世界規模の深刻な問題に関心を持ち続けることが必要だ。

さて、この食料に満ち溢れ、戦争もないこの国で生きる私が、何をなすべきなのか・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/820-cbbeffcc