FC2ブログ

トランプの恫喝 

米国旅行をする際に、銃犯罪に気をつけるようにという注意喚起を行っている国々・・・日本、ウルグアイ等・・・には、報復対応をするとトランプ大統領は、恫喝した。

こちら。

弱い者、力のない者に強く当たる。それが一部の政治家では、常套の行動パターンになっている。

マスコミが面白おかしく報じているN国党しかり、さらには韓国に対するわが国の政権政治家達も同様だ。

やはりこれは、人間社会の劣化、または人間社会が持つ弱さが露呈しているということなのだろう。

このヘイトに通じる政治行動が、ファシズムの台頭に繋がる。

で、外務省は米国旅行への注意書きを外したのか、またはもともと、こちらにある8月4日付のオハイオとエルパソの領事メールだけだったのか。在留邦人へのやんわりとした注意喚起、または事件を報じるだけの記述になっている。トランプの恫喝が機能したのか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8207-01a7daf2