FC2ブログ

野党共闘の必要性 その勝利の必然性 

志位和夫日本共産党委員長の下記のtweetは正しい。

参院選・過去2番目の低投票率のもと投票率ベスト5の県
1、山形/60・74%
2、岩手/56・55%
3、秋田/56・29%
4、新潟/55・31%
5、長野/54・29%
全て野党統一候補が勝利!
本気の共闘で「政治は変わる」という希望が伝わったところで投票率UP。この流れを全国に!


野党が共闘すれば、自公政権を倒すことができる。投票率を何としても上げることが重要だ。

立憲民主党の出方次第だ。立憲民主党が日本共産党との共闘に本腰を入れること。さらに、れいわ新選組の、社会の底辺・周縁の声を掬い上げる熱い戦いぶりを共有すること。政権与党は争点を隠し、低投票率になるように画策してくる。だが、マスコミに選挙の争点を報じるように訴えかけ、選挙を盛りあげる必要がある。日本が近代国家として存続しうるかどうかの瀬戸際にあるのだから、選挙で争うべきことは多い。

衆院選が、今年中にも行われると言われている。野党共闘を全力でバックアップしたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8229-e68b7ef2