FC2ブログ

GPIF、18年度最終四半期、すべての資産クラスで損失 

GPIFの理事・最高投資責任者 水野弘道氏が、

18年10-12月に株式と債券、為替ポジションで損失
あらゆる資産クラスで損失、為替差損も被る状況はそれまでなかった


と一週間ほど前に米国で語ったと、ブルームバーグが報じている。

GPIFは、安倍政権になって株式投資を全資産の半分で行い始めた。最初は、利益を出していたと自慢気に公表していたが、現在の株式相場下落・世界経済後退局面になり、2018年10から12月四半期に、上記の通り、すべての投資で損失を出した。

その具体的な損失額が公表されるのをみないと何とも言えないが、ネットでは、資産のかなりを失ったのではないか、と議論されている。

GPIFの株式投資は、純粋に利益を上げるためだけではなく、株式相場を維持するために無理筋の投資でもあった。株式相場が下落局面に入れば、官製相場の維持により巨大な損失を抱えることになるのは当然のこと。

年金資金が、政権の延命のために利用され、失われつつある。年金受給額が減らされる可能性が高い。

ブルームバーグから引用

こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8267-d8ca1a5d