FC2ブログ

流動性の罠 

流動性の罠の悪循環がとまらない。

世界経済が退潮に向かい、さらなる低金利をもたらしているが、金融緩和を進めてきた日銀には金利を下げる余裕がない。マイナス金利を深堀りし始めているが、これも限度がある。またマイナス金利は、金融機関、とくに地方銀行の経営を直撃する。近傍の地方銀行の株価を見てみれば良い。かってないほどの株価下落である。

こちら。

国は、地方銀行の幾つかを潰す積りなのかもしれない。

また、高額貨幣の流通停止・高額貨幣への税賦課等も、財政当局は考えているかもしれない。

国が財政に関して律儀に対応すると国民が信頼を寄せている限り、ハイパーインフレは起きないといわれているのだが、さて・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8292-aafa9e3b