FC2ブログ

旭日旗、オリパラ会場に持ち込み可と決定 

オリパラに、旭日旗を持ち込むことを禁止しない、とJOC・政府は決定した。

柴山文科大臣は、旭日旗には政治的意味合いが込められていると承知しているが、それをオリパラ会場に持ち込むことは可であると述べている。

とすると、ハーケンクロイツ旗や、KKKの衣装を、会場に持ち込むことも可ということになるのではないだろうか。

「旭日旗が国内で広く使用され」というのは、何のことを言っているのだろうか。東京の7月が温暖でスポーツに適しているというのと同じくらい、嘘っぽい言い草だ。

旭日旗は、日本軍が戦前用い、戦後は自衛隊のみが掲揚を続けた。いわば、戦前の軍国主義の残滓である。FIFAは、その政治的意味合いから、サッカー試合会場への持ち込みを禁止している。海外でも、戦前にわが国に侵略された国々から、旭日旗の使用には反対の声が挙がっている。

旭日旗がオリパラ会場で振られるようなことがあると、それは日本への尊敬と信頼を失墜させることになる。

朝日新聞より引用~~~

東京五輪会場に旭日旗 菅長官「持ち込み禁止想定せず」

2019年9月5日17時23分

 菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、来年の東京五輪・パラリンピックの競技場に旭日(きょくじつ)旗の持ち込み禁止を求める韓国側の動きについて「旭日旗は国内で広く使用され、政治的宣伝とはならず、持ち込み禁止は想定していない」と述べた。

 旭日旗をめぐっては、韓国国会の文化体育観光委員会が、東京大会の開催期間の前後に競技場で旭日旗をあしらったユニホームを着たり、旭日旗を持ち込んだりして応援することを禁ずるよう、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会に求める決議を採択。韓国内には「日本軍国主義の象徴」と反発する声が根強くある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8347-43c6f0be