FC2ブログ

進次郎の言葉 

環境大臣に就任した小泉進次郎の言葉。

こちら。

日本語として一見意味不明なのだが、ケネディの次の言葉をパラフレーズしている積りなのだ。

「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。」

これは一面の真理だが、災害被災者、被災地に対する言葉としては不適切。

進次郎は、CSISと繋がりが深く、また父親譲りの「自己責任」を強調する新自由主義的な発想が、基本にある。

大体において、今現在甚大な災害被災が進行中である時に、述べるべき言葉ではない。

安倍首相は、この台風災害が起き、進行している最中も、午後6時前後には私邸に戻っていた。「国民の生命と財産を守る」という彼の常用する台詞は、空念仏である。

進次郎にしろ、安倍首相にしろ、永田町のなかで権力を拡大維持することだけにしか関心がない。

進次郎は、これからもこの類の言動を続けることだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8364-2113b1c8